Solariant Capitalは、カリフォルニア州パサデナ市に本社を置き、東京、ソウル、マニラの3カ所に、子会社や、オフィスを持つ、再生可能エネルギーの開発・投資会社です。
Solariant Capital、2012年の設立以来、100%子会社のLumino Capitalとともに、再生可能エネルギー発電所プロジェクトおよび関連するエネルギー燃料の開発・投資を積極的に行っています。 また、2012年の設立以来、クラウドファンディング・プラットフォーム・プロジェクトやファイナンス・プラットフォーム・プロジェクトを開発しています。2019年1月には、Solariant Renewable Energy Fund I ( SREF ) を立ち上げ、再生可能エネルギープロジェクトにおける投資事業に参入いたしました。SREF Iは、Solariant Capitalとその子会社が開発するプロジェクトに投資します。
米国

再生可能エネルギー・インフラプロジェクト開発と投資

日本

再生可能エネルギープロジェクトの開発と投資
バイオマス燃料の取引・販売

米国
Solariant Capitalは現在、ニューメキシコ州、カリフォルニア州、フロリダ州で複数の太陽光発電+蓄電システム(ESS)のプロジェクトを開発しています。
日本
Solariant Capitalの100%子会社である、Solariant Capital株式会社 は、これまでに太陽光発電所やバイオマス発電所を含む6つの再生可能エネルギー発電所の開発実績を残しており、現在は複数の太陽光発電所、風力発電所、バイオマス発電所のプロジェクトを開発しています。
韓国
Solariant Capitalの100%子会社である、illuminareanは、現在日本と米国での再生可能エネルギープロジェクトのためのクラウドファンディング・プラットフォーム及びファイナンスプラットフォームを開発しています。
フィリピン
Solariant Capitalの子会社であるLumino Biomass Fuel Inc(以下、LBFI)は、北アジアのバイオマスプラントや石炭混焼プラントへの燃料供給を目的として、フィリピンで木質バイオマスのプランテーション及び木質バイオマス燃料工場の開発に取り組んでいます。LBFIの3つのプランテーションは、フィリピン国内で45,000ヘクタールを超える広さを誇り、年間75万トンの木質ペレットを生産します。このプロジェクトには、私設の港とコージェネレーションプラントが含まれています。また、別の子会社であるLumino Biomass Power Plant Inc.では、自社農園の原料の一部を利用した50MWpのバイオマス発電所を開発中です。

事業概要

グリーンエネルギーの開発と投資

01

Solarian Capitalと、その子会社は、大規模再生可能エネルギープロジェクトの調達、開発、融資、建設および運用管理を行っています。再生可能エネルギーの総合デベロッパーとして、地域の開発パートナーや土地所有者などのステークホルダーとグローバルな投資家を結びつけ、革新的な再生可能エネルギープロジェクトを設計・実施しています。私たちのプロジェクトは、優れた投資機会を提供するだけでなく、環境的、社会的、経済的な利益をもたらします。

サステイナブルなエネルギー・フォレスト

02

Solariant Capitalのバイオマス原料は、持続可能な森林管理を推進する国際的な非営利団体であるPEFC(Program for the Endorsement of Forest Certification)によって認証されたエネルギープランテーションから持続的に生産されます。 Solariant Capitalは、継続的に収穫量以上の木を植え、持続可能な森林管理に関するPEFCガイドラインを厳守していきます。

革新的なオルタナティブ投資

03

Solariant Capitalは、様々な戦略的パートナーシップ、共同開発、再生可能エネルギー開発ファンド(SREF I)を通じて、再生可能エネルギー発電所の開発、クラウドファンディング・ファイナンスプラットフォーム、持続可能なエネルギープランテーションへの投資機会を提供しています。